リリース日時
2014-07-25 10:00
サークル
品番
d_070421
妻‘美夜’の実家の温泉旅館。そこが今のボクの働き場所。
なれない仕事に毎日くたくた。そんなある日、
気分転換でスマホをいじっていた時に

『催●アプリ 使用は個人の責任で!!』の文字が!

怪しい、ものすごく怪しい。
疲れていて判断力を失っていたのか、悪魔が囁いたのか
理由は判らないが、好奇心に逆らえず、ダウンロード。

「お義兄ちゃんお疲れさま~。ん? なにしてるの?」

そんな状況の中に更にたまたま顔を出した、眞子ちゃん。
それに続けて、瑞帆さんや渚々音さんまでやってきた。
話の流れで実際に催●をかけてみようという話になり…

『僕のことを好きでたまらなくなり、見るとエッチなことをしたくなる』

などとトンデモ内容を眞子ちゃんに提案され、
更に止める所か乗り気の瑞帆さんや渚々音さんに押され催●を試す事態に!
その時は案の定、さすがジョークアプリと言うか
かかった気配はなかったのだが…
WEB SERVICE BY FANZA